092-410-2334
MENU

内視鏡内科

ENDOSCOPY

内視鏡検査ご予約はこちら(お電話でも受け付けております)

内視鏡内科

ENDOSCOPY

内視鏡診療

  • 逆流性食道炎
  • バレット食道
  • 食道がん、早期食道がん
  • 慢性胃炎、萎縮性胃炎、ピロリ感染性胃炎
  • 胃がん、早期胃がん
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん、早期大腸がん など

胃がんの内視鏡治療数では長年全国トップ10に入る横浜市立大学附属 市民総合医療センターなどで研鑽を積んだ胃カメラや大腸カメラ(総数15,000件超)の経験を活かし、苦痛の少ない内視鏡検査をご提供します。
もちろん、もともと苦手という方や、初めてで不安だという方は鎮静薬(麻酔薬)を使用することも可能です。

胃カメラは負担が少ないように細い機種で、かつ解像度の高い富士フイルム社の最新機種をご用意しておりますので、鼻からの検査(経鼻内視鏡)も可能です。
大腸カメラは検査のための下剤が大変なイメージがありますが、お一人お一人に適したものを提案いたします。不安であれば、院内で準備できるお部屋も用意してあります。

大腸ポリープは放置するとがんになるものもあります。当院では精密検査と同時に切除を行うことが可能です。
大腸癌は死亡原因の上位に上がってきた病気ですし、まれに若い方にも発見されることもあります。
検便の検査で一度でも陽性になった方はもちろんですが、未然に防ぐためにまずは40~50歳頃までに一度お受けいただき、その後は検便検査も併用しながら定期的にお受けいただくことをお勧めします。

ピロリ菌診療

ピロリ菌は胃の不快感から胃かいよう、果ては胃がんの原因にもなります。
専門医が診断を正確に行うことができ、治療は通常の1次除菌・2次除菌に加えて2次除菌で不成功であった方には3次除菌、またペニシリンアレルギーで除菌できなかった方も治療は可能です。
(※3次除菌やペニシリンアレルギーの方の除菌は自費となります)

過敏性腸症候群・機能性胃腸症の診療

  • すっきりしない胃の症状
  • 長く続くおなかの痛み、便秘、下痢 など

過敏性腸症候群(IBS)や機能性胃腸症とは、検査では原因が見当たらないのに食後の不快感、また腹痛や便秘、下痢が長く続くものであり、日常生活の質を低下させてしまう病気です。
治療に時間がかかることもありますが、よりよい方法を一緒にお探しします。

pagetop