ドクターズインタビュー

院長インタビュー

家族の影響を受けて医師の道へ
“日々、勉強”をモットーに
研鑽を積む毎日を送る

医師を目指したきっかけは?

医師を目指したきっかけは?

小さい頃から医師である父の背中をみて育ったので、医師という職業が身近にあったことが最初のきっかけでした。
その後、兄(現在は福岡市で開業)が目指すようになったことで、「自分も同じように医師を目指そう」と、決定的となりました。

ご家族の影響が大きかったというわけですね?

家族からの影響に加えて、私が“学び”が好きだったということも大きいです。
新たな知識や技術の吸収は私にとって大きな喜びで、「医師になれば一生勉強し続けられるだろう」と思ったのです。

もちろん、どんな職業でも勉強は必要ですが、医師は特に継続的に勉強することが必要な職業だと思います。

開業後も、それまでと同じように、あるいはそれまで以上に勉強を続けることが大事だと思っていて、それを日々実践しているつもりです。

現在の地域を開業場所として選んだ理由は?

開業するにあたって色々な地域を検討している時、父親の患者様から現在の場所をご紹介いただきました。
父親の背中が医師を目指す最初のきっかけだったのですが、その父親の患者様から開業場所をご紹介いただくということに、不思議な縁と言いますか、繋がりのようなものを感じています。

幅広い診療に対応する
“オールラウンダー”であり
専門性の高い検査・治療を行う
“スペシャリスト”でもある

須恵町ゆうろう内科クリニックのコンセプトは?

須恵町ゆうろう内科クリニックのコンセプトは?

糟屋郡須恵町を中心に、地域の患者様へ“質の高い医療”をお届けすることです。

これまでに胃がんの内視鏡治療数では全国トップレベルの横浜市立大学附属市民総合医療センターなどで内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ検査)の研鑽を積んだり、肝臓内科の分野においてトップレベルに位置するドクターから指導を受けたりするなど、質の高い医療の実践に必要な経験を積んできました。

そうした経歴に加えて、先ほどもお話ししましたが、開業後も歩みをとめずに学ぶことを続けて、質の高い医療の実践のために知識・技術をブラッシュアップさせています。

そうした取り組みを続けてきたおかげでしょうか、当院には同業者である、医療従事者の方がよくご来院されています。
それは当院の“質の高い医療”への同業者の方からの評価とも言え、大変嬉しく思っています。

専門性の高さがクリニックの強みなのですね?

確かに内視鏡検査など専門性の高い検査・治療を行っていますが、当院は“内視鏡検査だけを専門的に行う”というクリニックではありません。
自身の専門領域だけを積極的に診るというドクターもいらっしゃいますが、私はそうではなく、地域のかかりつけ医として幅広い診療を行いたいと思っています。

これまでに総合病院や基幹病院の一般内科、消化器内科、救急科などで幅広い診療を経験してきていますので、どのような症状・疾患でも一通りは診ることができる“オールラウンダー”でもあると自認しています。
なので、高い専門性を持ったスペシャリストであり、幅広い診療に対応するオールラウンダーでもある、こうした2つの側面を持つのが当院の診療の特徴です。

幅広い診療に対応しているとのことですが、中でも特に力を入れているものは?

あえて1つ挙げるとするなら、内視鏡検査でしょうか。
これまでに総数15,000件超といった豊富な検査件数を重ねてきていて、そうした実績をもとに小さな病変も見逃さない精密な検査を行わせていただきます。

そして検査時の苦痛が心配な方もおられると思うので、鼻からの胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)や鎮静剤の使用などで、できる限り楽に検査を受けていただける体制を整えています。

地域の皆様に“質の高い医療”を
患者様と協力して健康を目指す

最後に、HPをご覧の方へメッセージをお願いします

最後に、HPをご覧の方へメッセージをお願いします

総合内科専門医として生活習慣病などの慢性疾患を診るのはもちろんのこと、肝臓専門医でもあり、肝臓内科の権威とも呼べるドクターから指導を受けた経験がありますので、肝臓疾患に関しても専門的に診ることができます。

そして内視鏡検査についても、高い専門性を備えていると自負しています。
繰り返しになりますが、このように幅広い診療と専門性の高い検査・治療の両面を兼ね備えているのが当院の強みです。

これまでの経験・実績に加えて、日々の研鑽を続けることで、皆様に質の高い医療をお届けいたします。

top
発熱・風邪の症状問診はこちら 0924102334 page top
発熱・風邪の症状 問診はこちら

0924102334